こだわり

まずは江戸時代の
「盃洗」で日本酒を粋にたしなむ

まずは江戸時代の「盃洗」で日本酒を粋にたしなむ

「盃洗(はいせん)」は江戸時代に作られた足付きの食器。酒席でお酒を交わす際に盃をすすぐために使用され、ひとつの盃で酒を酌み交わすことにより心を通わせました。当店では盃洗を形式的に行う形で店主がお酌をいたします。こだわりの日本酒を交わしながら、癒しのひとときをお愉しみください。

豊かな季節の逸品。
素材の味を活かした炭焼料理が自慢

豊かな季節の逸品。素材の味を活かした炭焼料理が自慢

おすすめは、伊勢海老や鰻、京野菜など選りすぐりの旬食材を、専用の炉と備長炭で丁寧に焼き上げる炭焼料理。伊勢海老は焼いた殻で赤だしもお愉しみいただけます。山形県産ササニシキと古代米赤米を混ぜた、ヘルシーなお米の鯖寿しも人気。老舗料亭“和久傳”で17年、長きにわたって研鑽を積み、料理長も務めた経験と技術で仕上げる日本料理の逸品を、厳選酒とともにご堪能ください。

心安らぐ和空間で、
食事と会話を愉しむひとときを

心安らぐ和空間で、食事と会話を愉しむひとときを
心安らぐ和空間で、食事と会話を愉しむひとときを

杉の1枚板を使用したカウンターテーブルがひときわ存在感を放つ、落ち着いた和の雰囲気。明治や大正時代の骨董アンティークにこだわった家具や調度品や、ところどころ上品に添えられた花が心安らぐ空間を演出します。7席のカウンターと、窓際に4名様用のテーブル席をご用意しており、大切な方との酒席にもご利用いただけます。お子さまや盲導犬も同伴いただけますので、ご予約時にお気軽にご相談ください。

料理の魅力を引き立てる、
色とりどりの器や感性光る酒器

料理の魅力を引き立てる、色とりどりの器や感性光る酒器

江戸時代の源内焼、淡路島の民平焼、三田青磁、古伊万里など、料理を彩る器や酒器にもこだわりました。所有する山で採る季節の葉を使用するなど、視覚からも美味や風情を感じていただけます。また、なかなか見かけることのない伝統的なうぐいす徳利は、お酒を注ぐと鳥のさえずりのようにピューッと心地よい音が。是非、耳からもお酒を愛でてください。リーズナブルにご提供するワインや、メニューにはないカクテルもお作りいたします。